iphoneで本体自体に時間制限、使用制限をかけることはできますか。
高校生のスマホ利用にルールは必要。iPhone。高校生のスマホ利用にルールは必要。
ソフトバンク?au?ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。スマホは他人とコミニュケーションを取れるツールとして便利なため、若い世代を中心に普及しています。それに伴い、スマホに関するトラブルも増えて、未成年の子供にスマホを持たせる親御さんたちの心配事も多くなっています。など、スマホ利用のルールについて紹介します。スマホを与えた後に、子供と喧嘩にならないためにも、最初からルールを設けておくと安心です。まず最初に、どうしてルールを設けた方が良いのかを説明します。何の約束事もなくスマホを与えてしまうと、子供によってはいつまでも使い続けてしまいます。親の目の届かないところでいじめや性犯罪に巻き込まれるなどのトラブルも心配です。また、最近問題になっている歩きスマホによって、加害者?被害者のどちらにもなる恐れがあります。次の項目から、決めておきたい主な6つのルールを解説していきます。スマホ利用のルールは各家庭によって多少異なってきますが、高校生にスマホを与える時に決めておきたい主なルールを見ていきましょう。スマホの使いすぎを予防するためにも、設けておきたいルールが『制限時間や使用する時間帯』です。スマホを使い始めると「少しだけ使おうと思っていても、気づいたら何時間も経過していた」という事が多くなります。時間制限のルールの例平日は学校や部活、塾などでそれほど時間がありません。睡眠時間も加味すると、それほど使える時間は多くありません。休日は平日よりも自由時間が多いため、制限時間を多めに設けても良いですが、様子を見て臨機応変に対応しましょう。使用する時間帯のルールの例学校によってスマホの持ち込み禁止や授業中は電源を切る、などの決まりがあるので、登校日は学校のルールに従うことになります。子供に与えるスマホに、最初から使用時間の制限機能を設定しておくこともおすすめです。制限機能はスマホ本体の操作でできるタイプやアプリをダウンロードして行うなど、さまざまな方法があります。また、特定のアプリだけに時間制限をかけることもできます。夜の10時?翌朝6時までロックをかけるなど、細かく時間帯を決めることも可能なのでぜひチェックしてみて下さい。スマホを自分の部屋に持ち込むと、就寝するギリギリまで使用し、寝落ちするなんてことが多々あります。また、ネットサーフィンや動画視聴に夢中になり、睡眠時間が削られて寝不足になるということも多いです。就寝前のスマホは特に、親が制限してあげることが大切です。使用する場所についてのルールの例スマホを親に預けることを渋る子供には、自分でロックをかけてもらうのも良いです。親が勝手にスマホの中身を見られない状態を作って、子供自身のプライバシーを守ることにつながります。ドコモ?au?ソフトバンクの大手キャリアは、データ通信を使った分だけ月額料金が上がるプランの提供を開始しています。このプランの特徴は、20GBや30GBなど各キャリアが設定している上限まで使い続けられるということです。つまり、自分でデータ通信量をコントロールしないと、上限まで使い続けてしまい月額料金もかなり高額になってしまいます。子供に与えるスマホは、このような料金プランではなく、『毎月○GB』というように1ヶ月のデータ容量が決まっているプランを選ぶようにしましょう。1ヶ月のデータ容量を使い切ってしまうと、インターネット速度が低速になり不便さを感じます。このリスクがあるので、子供も気をつけてスマホを使うようになるでしょう。最近のスマホは機種代金自体が10万円以上するモデルも発売され、高校生に与えるには高価なアイテムになっています。スマホに対する補償に加入している場合は、画面割れや水没など万が一の故障の時に、数千円から数万円の自己負担額を支払うことで、修理か交換を行うことが可能です。しかし、スマホを丁寧に扱うことを自覚させるためにも、修理代金が発生したら自分のお小遣いかバイト代などから支払わせる、というルールを設けても良いでしょう。次のページでも、具体的に高校生向けのスマホ利用のルールの例を紹介します。ソフトバンク?au?ドコモの方は、公式のオンラインショップを利用すれば頭金不要で通常のショップよりお得に購入できます。iPhone。
アイフォンには特定の機能だけ使えないように制限する『ペアレンタルコントロール』というものが付いています。この機能制限を設定すると、機能制限用パスコードを入力しないかぎり解除できません。通常なら自分で設定したパスコードを入力すればいいだけなので、忘れなければ困ることはありませんが実際には???と困っている方は多いようです。今回はこの機能制限パスコードについて詳しく説明していこうと思います。結論から言いますと、機能制限パスコードの初期設定値はありません。機能制限は、『設定』→『一般』→『機能制限』→『機能制限を設定』と進むと設定することが可能です。すでに機能制限の設定をしている場合はここで過去に設定したパスコードの入力を求められますが、このパスコードというのは初めてこの画面に来て機能制限を設定する際に自ら設定した数字になるわけです。ですから初期設定というものが存在しません。あくまでもこの画面で設定したものなので、電話会社と契約したときや別の機能で設定したパスコードなどとは異なります。※あなたが未成年である場合、AppStore内やアプリ内の課金などを制限するために、あらかじめ親が設定しているかもしれません。ここで注意が必要なのは、パスコード自体を新たに設定する場合と過去に設定されたパスコードを入力する場合の画面の見分けがつきにくいことです。次の画像を見てもらえば分かりますが???上がこれから新たにパスコードを設定する画面で、下がすでに設定されているパスコードを入力する画面です。機能制限”用”か機能制限になっているかの違いです。ちょっと分かりにくいですよね。 追記:iOS10.3.3で確認したところ、”用”は表示されていませんでした。画面上部の『設定』『入力』の違いのみです。おそらくこれが原因で知らない間にパスコードを設定してしまった方が多いんじゃないでしょうか。思い当たる4桁の数字を何度も入力して自力解除にチャレンジしてみましょう。何度か入力ミスをすると、「1分後にやり直してください」など表示されますので注意が必要です。先ほど説明した通り、パスコード自体を新たに設定する画面と過去に設定されたパスコードを入力する画面は見分けがつきにくい。あなたが気付かないうちに第三者が設定していないことが前提ですが、別の場所で使われているパスコードの入力を求められたと勘違いしてあなた自身が設定してしまったと考えると、ある程度絞り込めそうです。しかも新たに設定するときには同じ数字を2回入力する必要があります。まったく意識していない数字が2回も入力される可能性は低いんじゃないでしょうか。かなり昔に設定してしまった場合もありますので、過去に使っていたロック画面解除用パスコードも怪しいですね。”1111”や”1234”など簡単な数字を入力してしまった可能性もあります。?あとはキャリアショップで契約した際の暗証番号docomoであれば、ネットワーク暗証番号も可能性があります。完全に機能制限用パスコード忘れてしまった場合は、iPhoneを復元する必要があります。機能制限を設定したよりも前に取ったバックアップデータが存在する場合は、そのバックアップから復元すれば解決することができます。しかし機能制限の設定後に保存したデータを利用すると機能制限の設定まで復元してしまうため、初期化する出荷時の状態に戻すしか方法はありません。初期化する前に”連絡先”に登録している電話帳データはメモなどに書きとめておきましょう。今までに購入したアプリについて今までにAppStoreで購入したアプリはアイフォン自体ではなく、あなたのAppleIDアカウントに紐付けられています。1つずつインストールしていくのは面倒ですが、初期化しても同じAppleIDを使う場合は有料アプリをもう一度買う必要はないので安心してください。なおアプリ内のデータに関しては、アイフォン本体に保存されているものは戻すことができません。今回は機能制限パスコードの初期設定値について説明しました。先述したとおり機能制限パスコードを忘れた場合は、初期化しか方法がありませんので注意してください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>