「なんで勉強しなきゃいけないの。「なぜ勉強が必要。学校で勉強する意味。

何故勉強をするのか。

将来、やりたいことが決まっていて、その分野のことを一生懸命に勉強しているのであれば、個人的には、別に、「連立方程式」や「因数分解」などを勉強しなくても良いんじゃないかな、と思いますけど、将来役に立つことも勉強をしていなかったとしたら、、、それは論外ですよね。「連立方程式」や「因数分解」を将来使うのではなく、「頭を使いながら、日々を積み重ねる」という経験が、その子の将来にとって、大きな財産になるからです。だから、私としては、今はそれがけっこうつまらないのですが、、、でも唯一、点数の代わりになるのが、「どれだけ稼いだのかっていうお金」なのかなって思っています。

大人になってからも、覚えなければいけないことは、たくさんあります。でも、もし、その子が英語の勉強をしていなかったり、本を読んでいなかったとしたら、言っていることと行動が一致していないので、それは、「自分が勉強をしたくない理由を、ただ単に正当化するために言っているだけ」ということです。自動車の運転免許をとるために通う、自動車学校。さあ、ここで大きな疑問が浮かんできます。サッカー選手になりたい人が通う、サッカースクール。残念ながら、その後この中学生は不登校に陥り、併設高校へは進学しなかった。やらなければいけないことはたくさんあるし、直さなきゃいけないところもたくさんあるし、できないこともたくさんあるし、、、にも関わらず、「俺ってすごいかも?」と勘違いして、謙虚さを失ってしまうと、自分の実力を客観的に見ることができなくなってしまうので、いろんなところに、影響が出てしまいます。

生きていれば、失敗することもあるし、「こういうこと言わなければよかった」、「こういう風にすればよかった」と、後悔することもあります。?学校で勉強する意味?大人になってから、点数をつけてもらえる機会はほとんどない?大人になってから、「大切」と思った4つのこと「将来役に立たないことを、なぜ学校で勉強しなければいけないのか」という理由を、大人になって考えてみた結果、私が出した答えは、この3つです。大人になってから起こる問題は、学校のテストのような「答えが決まっているもの」ではなく、「答えがないもの」の方が、圧倒的に多い気がします。そして、幅広い知識に加えて、「日々を積み重ねてきた」という経験があるから、大人になって、何かで結果を出せるようになったり、人生が豊かなものになっていくのです。

人間、失敗することは確かにあるのですが、少なくとも、人に迷惑をかけたんだったら、相手は「反省して欲しい」と思いますし、同じミスをして欲しくないと思っています。何かの説明書を読んで理解することや、仕事の資料を読んで理解する力など、「読解力」というのは、とても重要な能力になるからです。たしかに、ビジネスがうまく行って、たくさんのお金を得ていると、人から「すごいですね!」と言われることはあります。要するに、謙虚さを失うと、自分が作ったものに自信を持ちすぎてしまうということです。そうした大人の意見は、幸せに至るひとつの“手段”であって、人生の“真の目的”ではないから子供の疑問解消には至らないのだろう。

また、広い知識があるというのは、人から尊敬されますし、人の役に立ったり、喜んでもらうことができるようになります。みなさんが学んでいるものの正体、それは「魔法」です。かなりつらい作業になりそうですよね。この経験が、将来、本当に活きてくるんですよ。正解はもっと別のところにあります。「どうして勉強しなくちゃいけないんだろう?」「なんで学校に行かないといけないんだろう?」「理科や数学の知識が、社会に出てなんの役に立つんだろう?」中学生にもなれば、誰もが一度は突き当たる疑問です。このような状況で、事業を拡大してしまうと、出て行くお金は増えていくのに、入ってくるお金が無くなってしまうので、会社として、致命的なことになってしまいますよ。

たとえば、自分が一生懸命に何かを作っても、その作ったものに対して、点数をつけてもらえる機会はほとんどありませんし、自分が頑張って仕事をしても、その仕事に対して、点数をつけてもらえることは、ほとんどありません。そのために偏差値の高い難関大学に行き、優良企業に就職しろという希望を持っているようだった。そして、知識があればあるほど、得をすることが多いし、人生も豊かになっていくんですよ。いま、みなさんは「魔法」の力で未来を変えるために、学校に通い、勉強をしています。だから、子どもが言っていることは、確かにそのとおりなのですが、そこで一歩引いて、「じゃあ、自分の将来に必要なことで、何を勉強しているの?」と聞いてみるようにしましょう。

だから、この「大きな財産」を得るために、学生のときに勉強をしておいたほうが良い、というのが、2つ目の理由です。そこで最初に質問をさせてください。そして、それにつられて、「俺ってすげーんだぜ」という感じで、謙虚さを失って、調子に乗ると、自分で作った大したことがないものが、自分ですごいものに見えてしまうんですね。また、「文章を理解する力読解力」も、将来、必ず役に立ちます。「なぜ勉強が必要。「台形の面積」を求める機会も、大人になってからは、めったにありません。みなさん、勉強は好きですか? 毎日の授業や宿題が楽しくてたまらない、という人はどれくらいいますか?むしろみなさんは、こんな疑問を抱えているのではないでしょうか。

だから、自分なりの答えを見つけて、その都度、対応していくことが必要になるのですよね。。1つ目 : 本当に将来使うため。ただ、そうは言っても、「連立方程式」や「因数分解」は、大人になってから実際に使うのかと言われると、正直言って、私は、大人になってから使ったことはありません。筆者は仕事柄、中高生と話すことが多い。だから、子どものときは、広く勉強をして、広い知識を得ておいた方が良いと思うのですよね。確かに、学校で勉強した内容が、大人になってからそのまま出題されるわけではありません。人生を変え、世界を変えるようなトップシークレットに、その若さで触れられるのですから。

たとえば、出かけようと思ったら車のエンジンがかからなくなっていたり、テレビが急に壊れたりするなどです。その「プレミアム動画」を、期間限定で、無料でプレゼントしています。……当然の悩みだと思います。めったにというか、ほぼありませんでも、学生のときに勉強をして、知識を得ておくと、それらの知識を組み合わせることで、新しい問題にも、対応することができるようになるんですね。だから私も、学生のときに、もっと勉強をしておけば良かったと、後悔しています。そのようなときに、まず反省しないと、自分が成長していかないし、また同じミスをしてしまうのですよね。

ここには簡単な理由が隠されています。まずはここから、講義をはじめましょう。過去に自分が、「辛くても頑張ることができた」とか、「難しいことでも覚えることができた」という経験が、大人になってからも、「昔、俺はできたんだから、今回も俺はできる!!」と思い込むことができるんですよ。みなさんは、勉強そのものが嫌いなのではありません。学校で友だちと会うのは楽しいし、会えなくなったら寂しいと思う。語り口はやさしくても、中身は超本格派です。結局、自分に自信が持てる根拠は、「過去に自分が何ができたのかっていう経験だけ」です。個人的には、挨拶をすることは当たり前だからこそ、逆に、挨拶をしなかったことによるデメリットが、尋常じゃないほど大きいので、私は、挨拶は本当に大切だと思いました。

これは、なぜ怒るかと言うと、「反省をしていないから」です。でも、年収1,000万円稼いだって、2,000万稼いだって、全然大したことないですよ。学校そのものが嫌いなわけじゃない。その方が、時間を有効活用できますし、成長するスピードも速いのですよね。勉強という、「やる意味がわからないもの」をやらされることが、嫌いなのです。でも、この考え方を信じてやっていただくと、近い将来、きっとあなたにとって、プラスになるはずですよ!子どもと接していると、子どもから、「将来、役に立たないことを覚えても意味ないじゃん!将来、役に立つことだけを覚えればいいじゃん!」というようなことを、言われることもあるかもしれません。

今まで1600名以上の方に参加していただき、たくさんの初心者の人がホームページを作れるようになり、そのホームページで収入を得られるようになっている「実績」があります。授業はつまらないし、毎日の宿題、中間テストに期末テスト。みなさんは学校に通いながら、なにを学んでいるのでしょう?なんのために、勉強をしているのでしょう?いい高校、いい大学に進むため? そしていい会社に就職するため?……そんなつまらないことのために勉強するなんて、あまりにも寂しい話ですよね。みなさんはじめまして。完成したらみんなで暮らそう」と言われていたら、それなりにやる気も出ます。

ここでお伝えしたことは、本当に、私個人的な考えになってしまうので、「これが正解」というわけでは決してないのですが、、、ただ、私の経験上でお伝えしていますので、ぜひ、参考にしてくださいね。きっと大人たちは、みなさんのことをうらやましく思うでしょう。子どものときに、「勉強をしなくても良い理由」を、自分自身で正当化してしまって、本当に勉強をしなかったとしたら、その子の将来にとって、大きな損失になってしまいます。謙虚さを失うことは、自分が今まで積み重ねてきたものが、一気に崩れてしまうくらい、本当に怖いことなので、謙虚であることは、大人になってからは、生命線と言えるくらい、大切なことだと思いました。

小さいときから大人になるまでに、頭を使わずに、量をこなすことをしてこなかったら、、、大人になって切り替えることは、とても大変ですよ。私が学生のとき、学校の勉強がすごく嫌いで、 「なぜ、将来役に立たないことも勉強するのだろう」 とか、「何で勉強ってしなければいけないんだろう」 と、思っていました。「オマエは『駕籠かごに乗る人、担ぐ人、そのまた草鞋わらじを作る人』という言葉を知っているか? オマエは車で言えば、どの座席に座りたいのか、よく考えろ」つまり、その父親は息子にも自分のように運転手付きの車の後部座席に乗る立場の人間になってほしいのだ。

将来のことは誰にも分からないので、何をいつ使うのかは、学生のときには分からないのですが、実際には、大人になってから使うことはたくさんあるので、これが、勉強しておいたほうが良い1つ目の理由です。たぶん、私だけではなくて、数学が必要な専門職以外の人は、ほぼ使っていないと思います。いろいろな世の中の矛盾や理不尽に気が付いていく中で、その進学校の中学生は「勉強をやることは当然」と迫ってくる親や学校に強烈な反発心を持ってしまったのだろう。もちろん、メリット?デメリットで考えるのは良くないのですが、挨拶をしないと、失うものが本当に大きいですし、挨拶は、人とのコミュニケーションの基本なので、「挨拶は大切!」というのは、本当に強く実感していることです。

私は学生のときって、本当に勉強ができなかったので、、、できないことや分からないことばかりで、つまらなくて、あまり良い思い出が無いんですね。たとえば、事業がうまく行って、結果が出て、たくさんのお金を稼げるようになると、「あなたはすごい人ですね!」とか、「尊敬しています!」という感じで、周りが持ち上げてくれるようになります。実際、私は、このようなこと生意気なこと?を言う子どもだったのですが、、、このようなことを言う子は、だいたい、「自分が勉強をしなくても良い理由を正当化するため」に言っている可能性が高いです。もちろん、銀行に勤務したり、投資会社に就職したら、「何件の銀行口座を開設してもらった」とか、「いくらのお金を預けてもらった」など、数字で成績は分かりますよ。

どんなに頑張ったって、どんなに結果が出たって、自分なんて大したことないんですよね。「将来、役に立つこと」というのは、分かりやすい例でいうと、「英語」ですよね。父親の落胆ぶりは相当なものだったが、これは“秀才煮詰まり”タイプへの誘導を親が間違えた結果だと筆者は思っている。また、人よりも多くのことを知っているというのは、人から尊敬されて、人の見る目も変わってきます。今日の講義は、その14歳バージョン。きっとハリー?ポッターだって、「魔法使いになるためには、この勉強が必要なんだ」と思いながら、魔法学校の授業を受けていたはずです。そこで、私が自分なりに出した、「勉強をする意味」を、ここでお話させていただきます。

ハリー?ポッターと同じ、「魔法」を学んでいるのです。知識というのは、そのままでは使わなかったとしても、他の知識と経験が組み合わさって、問題を解決できることが、よくあるからです。そして、最後の4つ目は、大切なことというよりも、私が常に意識していることなのですが、「嫌なことはすぐにやること」 ということです。インターネットで収入を得るために、必要な「技術」や「スキル」を身につけられる講座が、会員制サイドビジネス講座です。子どものときに、「将来、この仕事をしたい!」と明確に決めている子は、とても少ないと思います。そして、3つ目の「問題を解決できるようにするため」というのは、大人になってから、問題というのは、しょっちゅう起こるんですね。

あと、ミスをして、人に迷惑をかけたら、その迷惑をかけられた相手は、「あなたに反省をさせたいと思っている」ということを、忘れないようにしてください。小さいころ、周りの人からは、「勉強しないと立派な人になれないよ」とか、「勉強しないと裕福な生活を送れないよ」と言われていましたけど、私は、その言葉の意味が分かりませんでした。なお、ここでお伝えすることは、私、個人的な考えであり、当然、まったく違う考えの人もいると思いますので、あくまで、「個人の考え」として、参考程度に聞いてくださいね。謙虚さを失うと、自分の実力が客観的に分からなくなるので、これが怖いということです。

レンガを積み上げて建物をつくっている場面を想像してみてください。でも、私が実際に大人になってから分かったことは、知識は生活を豊かにするし、知識があると、人が見えないものが見えてくるので楽しくなる ということです。人間、誰でも失敗することはあるのですから、もし失敗したら、自分のどこが悪かったのかということを考えて、反省をして、そして、その経験を今後に活かしていくことが大切になる、ということです。社会人になってからも、本当に仕事ができなかったので、「もっと学生のときに勉強をしておけば良かったな」って、強く思いました。「子どものときに勉強していた」という過程は、大人になってから、本当に役に立つので、マジで勉強をしておいた方が良いですよ!っと、私が子どものときに、言ってあげたかった笑価値が高かったため、当サイトで無料で公開することができなかった動画があります。

嫌なことを後回しにしていて、その前に、別の大変なことが入ってきたら、後回しにした嫌なことをする時間が無くなって、もっと大変になるので、「嫌なことはすぐにやること」というのは、私の人生のテーマとして常に意識しています。このとき、あらかじめ「レンガを積み上げて、家をつくろう。そして、「大人になってから大切だな」と思った2つ目のことは、 「反省をすること」 です。。考えただけでうんざりしてくる。私は学生のとき、テストは嫌いだったのですが、大人になってから、点数をつけられることって、本当に少なくなります。すると毎年、5月の大型連休後に、いわゆる「五月病」の症状に悩む生徒に出くわす。

逆に、嫌なことをとにかく先にやってしまうと、後がすごく楽になるんですよ。まず反省をしないと、相手の気持ちもおさまりませんし、成長もしていかないので、失敗したら、「とにかくまず反省する」、ということは、極めて大切なことだと実感しています。だから逆に、挨拶をしないと、「無視をされた!」という感じになってしまうので、相手を不快にさせてしまうんですね。でも、少なくとも、私がやっていたシステムエンジニアの仕事や、今私がやっているインターネットビジネスでは、人から点数をつけられるということは、ほぼありませんでした。たとえば、洗濯するのが面倒だから、明日やろうと思ったら、明日になって雨が降ったり、ガソリンが少なくなって、もう少し走れるなって思ったら、なぜかガソリンスタンドが全然見つからなくて、ドキドキしたり、、、なんか、嫌なことを後回しにすると、私の経験上、あとでもっと大変になるということが分かったんですね。

でも、なんのためにレンガを積み上げているのか、誰も教えてくれなかったとしたら、どうですか? いつ終わるかもわからず、なぜ自分がやらなきゃいけないのかも教えてもらえない。学生のときは、「これって将来、本当に使うのかな?」と思っていたことも、大人になってみると、実際に使うことはたくさんあるものなのですよね。部活の練習は大変だけど、なんとかがんばっている。優秀な子供が勉強する目的を見失った時に、大人が「試験のため」「知名度の高い大学へ行くため」「裕福な生活をするため」と言って丸め込もうとすると、親の期待とは正反対のところに着地するケースは少なくない。

だから、私は、「学生のときにもっと勉強しておけば良かった」と、本気で後悔しているし、もっと小さいころからの積み重ねがあったら、こんなに苦しまずに済んだんですけどね笑知識は生活を豊かにするし、知識があると、人が見えないものが見えてくるので、楽しくなりますよ。3つ目 : 問題を解決できるようにするため。こういう学校では、「なにを学ぶのか?」がはっきりしています。確かに、「お金を持っている人が立派というわけではない」ということは分かりましたし、良い大学を出た人間が、必ずしも、立派な人間とは言えないと思います。「謙虚」という言葉は、私は昔はいまいち、重要性が理解できていなかったのですが、大人になってから「謙虚さ」を失うと、、、失敗します。

だから、その子が、本をたくさん読んで、「読解力」を鍛えているのであれば、子どもが言っていることと行動が一致しているため、褒めてあげても良いと思います。今までの人生を振り返って分かったのですが、嫌なことを後回しにすると、なぜかあとで、もっと大変になるんですよね。このような問題は、具体的な手順や、最も正しい正解が分からない場合が多いので、自分で考えて、その都度、自分で対応していく必要があります。また、もし決まっていたとしても、子どもから大人になる過程で、考えが変わって、別の仕事をしたいと思うことも、あるかもしれません。たとえば、計算をしたり、文章を書くことはもちろんありますし、英語も分かると本当に便利だし、あと、テレビのクイズ番組を見ていても、知識があると、見ていて分かるから楽しくなります。

ダンサーになりたい人が通う、ダンススクール。自分自身で、「何もやってこなかったから無理だよな??」や「どうせ今回も、俺じゃできないよな??」と、やる前に諦めてしまうことも、あるかもしれません。そして、「大人になってから大切だな」と思った3つ目のことは、 「謙虚であること」 です。「お金があれば立派なの?」とか、「良い大学を出るのが立派なの?」と、私は反発してました。ではなぜ、大人になってから使わない可能性が極めて高い、このような難しいことも、学生のときに勉強した方が良いかと言うと、「難しいことも俺は覚えたんだ!」という経験が、大人になってから活きてくるからです。

もう少し具体的に考えてみましょう。大学生はもちろんのこと、大人たちでさえ知らないような「未来をつくる5つの法則」をお話ししていきます。新学年、新学期の新しい環境への適応がうまくいかずに心身に不調が出てくるのだ。学校を辞めたい……」会社役員である父親にそう告げたところ、その子の父親はこう返したのだそうだ。でも、学生のときに、「将来使わないから」とか、「難しいから」という理由で、難しいことを覚えようとしなかったら、大人になってからも、「俺って難しいことを覚えることができなかったから、今回も覚えれないよな??」という感じで、諦めてしまうんですね。

心から反省すれば、それは相手にも伝わりますし、自分自身も、成長していくことができるからです。最後に、私が個人的に、大人になってから「大切だな」と思った4つのことをお伝えします。そんなときに、私たちがやることは、「問題を解決する!」ということです。だからこそ、学生のときのテストは、もっと楽しんでやっておけば良かったなって思いました。では、このタイプの子供にはどうアプローチすればよいのだろうか?学校で勉強する意味。「勉強をやる意味がわからないんです……。それではなぜ、勉強はつまらないのか。そして、できないよりも、できた方がやっぱり楽しいし、知識があると人生が豊かになるので、、、自分のために、「勉強はしておいたほうがトクをする」ということが、私の経験で分かったことです。

今回は、そういう思春期特有の悩みを持つ子供を3つのタイプに分け、親にできることは何かを探ってみたい。でも、このような難しいことでも、頑張って勉強して、覚えることができたっていう経験は、他の人は絶対に奪うことができない、自分にとっての本当に大きな財産になります。世のなかには、いろんな種類の「学校」があります。2つ目 : 難しいことでも覚えたという経験を得るため。自分が頑張って仕事をして、お金を稼いで、それが点数のように増えていくのは楽しいし、お金をたくさん稼ぐと、人から「すごいですね!」とか、「仕事ができるんですね!」と思われるので、私はそれが楽しくて、お金を稼いでいます。

瀧本哲史です。「なんで勉強しなきゃいけないの。ただ、問題なのは「勉強」だ。分からないことをやるのは辛いし、面白くないし、勝負でいつも負けていたら楽しくないし、仕事ができないと、「お前ってダメだよね」と言われて、嫌な気持ちになるし、知識がないと損をすることって本当に多いし、、、だったら、できるようになったほうが良いと思いませんか?できるようになると、面白くなってくるし、勝負で勝ったら楽しいし、知識があると、得をすることが多いですよ。その中には「なぜ勉強をしなければならないのか?」という“根源的な悩み”にぶち当たってしまう子がいる。

だからこそ、大人になってからは、「自分で考えることができる力」が極めて重要であり、自分で考えるために、幅広い知識が必要になるということです。誰よりもできなくて、「こいつバカだな」と、いつも笑われながら人から見られていた私が言うのですから、間違いありません。「連立方程式」や「因数分解」は、確かに、大人になってからは使わない可能性が高いです。英語は将来、役に立つので、その子が英語を一生懸命に勉強をしていれば、子どもが言っていることと行動が一致しているため、褒めてあげても良いですよね。生きていく上で、やっぱりお金は必要なものになるし、そのお金を稼ぐためには、仕事をしないとお金を得ることができないのですが、その仕事をする上で、覚えなければいけないことは、たくさんあります。

たとえば、もし、あなたが仕事でミスをしたときに、「この手順書が分かりづらいからですよ」とか、「周りがうるさいからですよ」とか、「別に私は悪くないですよ」と言ったら、迷惑をかけられた相手は、怒り出すんですね。そして、大人になってから分かったことは、挨拶をされると、「自分のことを見てくれている」、「自分の存在を認めてくれている」ということが分かって、嬉しいということです。本や映画でおなじみのハリー?ポッターは、「ホグワーツ魔法魔術学校」という魔法学校に通っていましたね。だから、「常に謙虚であること」というのは、本当に大切なことだと、私は思いました。

逆に、学生のときに、難しいことでも勉強をして、覚えたっていう経験があると、「あんなに難しいことでも勉強して覚えられたんだから、今回も俺は覚えられる!」と思うことができます。歴史を知っていると、人と話す幅も広がりますし、人から「すげー」って思われるので、やっぱり、知っておいた方が良いです。学校で覚えたことは、そのままでは使わないこともあるけど、別の知識や経験が組み合わさることで、大人になってから起こる問題にも、対応することができるようになるということです。このページでお伝えしたとおり、確かに、「連立方程式」や「因数分解」は、大人になってから使うことは、ほぼありません。

勉強だって同じです。まず、1つ目の「本当に将来使うため」というのは、学校で覚えたことや知識は、意外と、将来使うときがあるんですね。ある時、東京大学合格者数ベスト10に入るほどの進学校に通う首都圏の私立中学生にこういう話をされたことがある。自分が頑張って、テストを受けて、それを点数として見ることができるのは楽しいし、テストの点数が悪ければ、「何ができなかったのか」を考えて、次につなげていけば良いだけですよね!自分の頑張りを、点数として見ることができる機会は、大人になると本当に少なくなるので、後悔しても仕方ないのですが、学生のときに、テストをもっと楽しんでおけば良かったなと、今、改めて思っています。

「反省をすること」は、意外と難しいのですが、なぜ反省することが大切なのかというと、反省しないと、次につながっていかないからです。ぼくはふだん、京都大学で日本の将来を担う大学生たちに、あたらしい時代を生き抜くための考え方について講義しています。大人になってから起こる問題に対応できるように、その訓練として、学生のときに勉強をしておいたほうが良いというのが、3つ目の理由になります。だから、学生のときに勉強をして、テストとかを受けて、「自分で考える」という力を身につけておくことは、本当に大切なことになります。ほとんどの子どもは、「英語は将来、役に立ちそう」ということは、なんとなく分かっていますし、子どもに対しても、「英語を話せると、将来役に立つよ」というのは、伝えやすいです。

そして、やるべきことが無くなると、後の時間が空くので、自分でいろいろとやりたいことができるようになります。料理人になりたい人が通う、調理師学校。もちろん、仕事だけじゃなくて、普段、生活していく上でも、覚えなければいけないことは、やっぱりたくさんあるんですね。「挨拶が大切」ということは、誰でも分かっていますし、当たり前のことなんですけど、でも、「なんで挨拶が大切なのか?」と言う理由が、私は昔は、よく分かっていませんでした。また、仕事をしていても、システムが急に動かなくなったり、お客さんから考えもしなかった質問を受けたり、人間関係で、なんかよく分からない問題も、やっぱり起こるものです。

だから、もしミスをしたら、心から反省をすることが、まず必要になります。もし良かったら、参考にしてくださいね。。だから、私が失敗するときは、きっと、「謙虚さを失ったとき」だと思っています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>